HOME | 腰椎椎間板ヘルニア

1 腰椎は通常5つの骨が積み重なるような形で構成されており、骨と骨の間には椎間板と呼ばれるクッションの働きをするものがあります。 骨と椎間板は前後にある靱帯(前縦靱帯と後縦靱帯、黄色靭帯)と呼ばれる強い帯で止められているため、複雑な動きにもバラバラにならないようになっています。 これらの骨や椎間板及び靱帯によって囲まれた管のような空間を脊柱管と呼びますが、脊柱管の中に硬膜という袋があり、硬膜の中には脳脊髄液と呼ばれる透明の水が満たされていて、その中を脊髄とそこから出る神経が走っています。 
 
2 椎間板がとび出したり(椎間板ヘルニア)、骨が変形してとび出したり(変形性腰椎症)、黄色靭帯が厚くなったり、骨のように硬くなったり(黄色靭帯骨化症)すると硬膜嚢を圧迫して、脊髄と神経を圧迫します。 
 

 
 

腰や足に痛みや痺れが生じたり、力が入らなくなったりなどの症状が出現します。まっすぐに立ったり、歩いたりするとこれらの症状が出現し、長時間の立位や歩行が不可能となる(間欠性跛行)場合があります。特にすべり症がある場合、ずれた骨により脊柱管が高度に狭くなり(狭窄)強い症状が見られる場合もあります。 
 
 

外科的治療(手術)以外の治療法 
-薬物療法、理学療法等 

 
腰椎装具の装着や鎮痛剤、血管拡張剤などの内服など、温熱療法やマッサージなどにより症状の改善を図る方法です 
 
① メリット 
外科的治療法(手術)に比較して侵襲が少なく、治療に伴う合併症の危険も外科的治療法(手術)に比べて少ないことから症状が軽微な場合や初期の病状の場合にはメリットが大きいものと考えます。 
 
② デメリット 
現在の医学では内服や注射により飛び出した椎間板ヘルニアを小さくすることは困難です。ヘルニアは自然治癒することもしばしばありますが改善するまでの期間は様々で1年以上の長期に及ぶこともあります。 
 

 

 

外科的治療(手術)法 
-外科的治療(手術)法の種類と内容 

 
これらの疾患に対する外科的治療法(手術)はヘルニア摘出術(ラブ法)が選択されるのが一般的です。MRIやCTなどの検査結果から痛みの原因となっているヘルニアの塊を摘出する手術です。当院では顕微鏡を用いて手術を行いますので、内視鏡手術と同程度の小さな傷でも安全に行えます。また、内視鏡と比較すると術野が立体的に見えるので細かな操作がより安全に行えます。 手術は全身麻酔下で腹臥位(うつぶせ)の状態で行います。手術が終了すれば麻酔が覚める前に仰向きになります。 
 

 
■メリット  

ア  手術により神経の圧迫が解除され、腰痛や下肢のしびれ痛みの改善が期待できます。症状の改善率は術前の状態によっても違いはありますが80-90%程度(一部改善を含む)と報告されています。下肢痛は改善しやすい症状ですが、痺れは残存する傾向があります。術前より高度の運動麻痺が存在する場合には、運動麻痺が改善するために長期間要する場合や運動麻痺が残存する場合もあります。また、術後、腰痛や下肢痛が残存した場合でも筋肉の緊張を緩和する治療により改善する場合があります。 
  
イ  外科的治療法(手術)以外の治療法(薬物治療、理学療法等)は、根本的な治療法ではないと考えられております。 
 
 
■デメリット-手術の合併症 
ア 出血  手術によりある程度の出血が予想されます。また、手術後に創部の出血が続き血腫を形成する場合があります。血腫により神経圧迫を生じた場合には再手術(止血、血腫除去)が必要となる場合があります。 
 
イ 感染  創部の感染の可能性が約数%程度あります。抗生物質にて予防・治療に努めますが感染が生じた場合には治療期間が延長したり、非常に稀ですが再手術を要する場合があります。 
 
ウ 神経障害  一般的に、痛みあるいは運動麻痺は改善しやすい症状ですが、痺れは術後も残存する傾向があります。これは、脊髄や神経の回復の程度は、脊髄障害の程度により決まり圧迫が解除されても、依然として脊髄や神経自身の障害は残存しているためと考えられます。また手術により痺れや痛みが強くなったり、術前に見られなかった部位に痺れや痛みが出現することがあります(10%程度)が多くの場合は一時的です。稀に再手術を要する場合があります。 また、ごく稀に痺れ、痛み、下肢麻痺、そして排尿排便障害が発生し、症状が遺残することがあります。 
 
エ 硬膜損傷  手術中に硬膜が破れて中の脳脊髄液が漏れ出すことがあります。 
その場合にはクリップや特殊な糊を用いて、硬膜の修復を行いますがそれにも関わらず術後に創部に髄液が貯留することが3%程度あります。自然に軽快する場合もありますが、薬剤の投与、再手術などの治療を要する場合もあります。この際に糊として使用される薬剤は血液を原料に作られており使用時には輸血同様に同意書が必要な薬剤です。 
 
オ 椎間板ヘルニアの再発  同レベルの再発が2%、他のレベルの新たなヘルニアが生じる可能性が4%あるといわれています。