HOME | 胸部脊柱管狭窄症

1 胸椎は通常12個の骨が積み重なるような形で構成されており、骨と骨の間には椎間板と呼ばれるクッションの働きをするものがあります。骨と椎間板は前後にある靱帯(前縦靱帯と後縦靱帯、黄色靭帯)と呼ばれる強い帯で止められているため、複雑な動きにもバラバラにならないようになっています。これらの骨や椎間板及び靱帯によって囲まれた管のような空間を脊柱管と呼びますが、脊柱管の中に硬膜という袋があり、硬膜の中には脳脊髄液と呼ばれる透明の水が満たされていて、その中を脊髄とそこから出る神経が走っています。 
 
2 椎間板がとび出したり(椎間板ヘルニア)、骨が変形してとび出したり(変形性胸椎症)、黄色靭帯や後縦靭帯が厚くなったり、骨のように硬くなったり(黄色靭帯骨化症、後縦靭帯骨化症)すると硬膜嚢を圧迫して、脊髄と神経を圧迫します。 

 
 

背中、腰や足に痛みや痺れが生じたり、力が入らなくなったりなどの症状が出現します。長時間の立位や歩行が不可能となる(間欠性跛行)場合や排尿排便障害などが出現することがあります。 
 

1 外科的治療(手術)以外の治療法 
-薬物療法、理学療法等 

 
胸椎装具の装着や鎮痛剤、血管拡張剤などの内服など、温熱療法やマッサージなどにより症状の改善を図る方法です 
 
① メリット 
外科的治療法(手術)に比較して侵襲が少なく、治療に伴う合併症の危険も外科的治療法(手術)に比べて少ないことから症状が軽微な場合や初期の病状の場合にはメリットが大きいものと考えます。 
 
② デメリット 
現在の医学では内服や注射により骨の変形や脊柱管の狭窄を消失させることは困難であり、根本的な治療法ではないと考えられます。 
 
 

2 外科的治療(手術)法 
-外科的治療(手術)法の種類と内容 

 
これらの疾患に対する外科的治療法(手術)は胸椎椎弓形成術(もしくは椎弓切除術)が選択されるのが一般的です。MRIやCTなどの検査結果から狭窄が強く症状の原因と考えられる部分の椎弓や肥厚した靭帯を切除し脊柱管の狭窄を改善し神経症状の改善を図るものです。我々は切除した椎弓部分の安定を図るために独自に開発したセラミック製の人工骨(M-Spacer)を用いて椎弓形成術を行っております。 
また、場合によっては固定術を併せて行う必要があることもあります。 
 
 
症状やMRIをはじめとする画像検査所見などより様々な角度より患者さんの治療法を検討しました。その結果、胸椎椎弓形成術を行うのが良い方法であると我々は考えています。 
  

我々は手術用顕微鏡を用いてより安全かつ有効な術式とするように努力をいたしております。 以下に我々が行っている胸椎椎弓形成術についてご説明いたします。 
 
ア 脊柱管の後の部分は椎弓と呼ばれる部分で覆われていますが、この部分を拡げることにより脊柱管を拡げて神経への圧迫を解除する手術を行います。 
 
イ 実際の手術に当たっては、X線透視やX線撮影で切除する椎弓の確認を行い、皮膚切開を行う部位を決定します。切開の大きさ(長さ)は切除する椎弓の範囲によって変化します。必要最小限の切開にとどめるように努めますが、椎弓の切除範囲が広い場合は皮膚切開も多少長くなります。棘突起と呼ばれる背骨の突出部分を切断し、椎弓を露出します。ドリルを用いて目的の椎弓を削り取り、その奥にある黄色靭帯を丁寧に除去します。靭帯の奥にある神経を包んでいる膜(硬膜)を露出確認して、さらに枝分かれしている神経の周囲の靭帯も丁寧に取り除きます。椎間板が突出しており神経を圧迫していると判断された場合には椎間板の除去も併せて行う場合もあります。除去した椎弓の部分に特別にデザインしたセラミック製の人工骨(M-Spacer)を挿入し強固な糸で縛り付けて固定します。 
 

椎弓の切除  
 
 
M-スペーサ
 
M-スペーサーの挿入
 

ウ 手術は、全身麻酔下に腹臥位(腹ばい)で行います。 
 
エ 稀ではありますが術後の脊椎の不安定性などにより追加手術を要することがあります。 

 
 

■ メリット 
ア 手術により神経の圧迫が解除され、背部痛、腰痛や下肢のしびれ痛み、間欠性跛行等の症状の改善が期待できます。症状の改善率は術前の状態によっても違いはありますが80-90%程度(一部改善を含む)と報告されています。痺れ、特に足底部の痺れは残存する傾向があります。術前より高度の運動麻痺が存在する場合には、運動麻痺が改善するために長期間を要する場合があります。また、術後、背部痛や腰痛や下肢痛が残存した場合でも筋肉の緊張を緩和する治療により改善する場合があります。 
  
イ 外科的治療法(手術)以外の治療法(薬物治療、理学療法等)は、根本的な治療法ではないと考えられております。 
 
 
■ デメリット-手術の合併症 
ア 出血
手術によりある程度の出血が予想されます。稀ですが輸血が必要となることがあります。輸血を施行した場合には、輸血による肝炎などの主にウィルス性の感染や免疫反応などの合併症が報告されています。 
また、手術後に創部の出血が続き血腫を形成する場合があります。血腫により神経圧迫を生じた場合には再手術(止血、血腫除去)が必要となる場合があります。 
 
イ 感染 
創部の感染の可能性が約数%程度あります。抗生物質にて予防・治療に努めますが感染が生じた場合には治療期間が延長したり、非常に稀ですが再手術を要する場合があります。 
 
ウ 神経障害 
一般的に、痛み、運動麻痺、痺れなどの神経症状の改善は個人差が多くみられます。これは、脊髄や神経の回復の程度は、個人差が大きく、術前の脊髄障害の程度によっては手術で圧迫が解除されても、依然として脊髄や神経自身の障害は残存することも考えられます。 
また手術により痺れや痛みが強くなったり、術前に見られなかった部位に痺れや痛みが出現することがあります(10%程度)。稀に再手術を要する場合があります。 
また、ごく稀に痺れ、痛み、下肢麻痺、そして排尿排便障害が発生し、症状が遺残することがあります。 
 
エ 硬膜損傷 
手術中に硬膜が破れて中の脳脊髄液が漏れ出すことがあります。 
その場合にはクリップや特殊な糊を用いて、硬膜の修復を行いますがそれにも関わらず術後に創部に髄液が貯留することが3%程度あります。自然に軽快する場合もありますが、薬剤の投与、再手術などの治療を要する場合もあります。この際に糊として使用される薬剤は血液を原料に作られており使用時には輸血同様に同意書が必要な薬剤です。 
 
オ 胸椎の変形や不安定性 
手術では胸椎の支持組織をできるだけ温存するようにいたしますが、それでも長期的にみると胸椎の変形や不安定性を発生する場合が数%程度あります。その場合には、再手術により胸椎の固定を要する場合があります。 
 
カ その他 
ごく稀に予期できないような命に関わる合併症が生じる場合もあります(頻度不明)。